夜の騎士のあれこれ噺

世の中にはあれ?これ?と思うことがいっぱい。

明日は、みじめな国葬

いよいよ、国民大多数の反対の声がある中で、政府は

安倍元首相の国葬を挙行します。メデイアは早速、岸田

首相は「弔問外交に着手」などと政権を持ち上げてましたが

内実は儀礼的な「挨拶」程度でしかなく、実の無いものですよね。

 

参列者も多そうに見せるために「旧統一協会」の関連団体に

「動員」をかけたのかもしれませんよ。

憲法九条の会・秦野のスタッフ数名も明日の国会周辺での

国葬反対デモの駆け付けるそうです。政権地盤が弱い岸田首相が

最大派閥の安倍派に「秋波」を送ったのですが、まったく逆の芽が

出てしまいそうでです。私はほかの予定が目白押しで、まあ

勝手にやって下さいってえ感じで、すっかり冷めてしまっています。

第75回 秦野たばこ祭り

秦野たばこ音頭パレード

昨日、今日の2日間で秦野市最大の集客が見込まれる『第75回

秦野たぼこ祭り」3年ぶりに本格規模で開催されたので覗いて

きました。昨日の午前中は激しい雷雨だったので開催が危ぶまれて

いましたが、本日は夏に逆戻りしたような天気に恵まれましたので

私が覗きに行った午後2時頃はまだ本格なイベントが行われていない

時間だたのですが、露店目当てなのか小中学生のグループや、親子連れ

で「買い食い」を楽しみきたこどもたちが大挙して押しかけてました。

 

私は「神輿」が主役でないお祭りはそんなに興味はありませんが、秦野愛

に目覚めだしているようなので、秦野市最大のお祭りはなかなかスルー

する事はできないようになっているんです。

水無川沿いの道のにぎわい

交通規制された「本町四つ角道路のにぎわい

 

AGT Best of the Best 

 毎度おなじみの米テレビの「アマチュア オーデイション番組」

アメリカズ ゴット タレント」からの紹介です。(特に

ブログネタがない時の助け舟なんです)

 

今回はいつもの、事前に予選を経て審査を受ける出演者を紹介

するのではなく、今までになかった形態で、観客席で11歳の

少女が口ずさんだ唄が素晴らしかったので、いきなりステージに

引っ張り上げられ米国の第2国歌といわれる「アメージング

グレース」をフルコーラス歌い、観客および審査員から絶賛

されるという構成になっているのです。

 

例によって「へそ曲がりシルバーミーハー」の私は、この構成は

テレビ局が綿密にシナリオを描いた、ハプニング演出だと思っています。

 

それにしても、この11歳の少女の歌唱力は素晴らしいと思いましたので、

このくらいの演出をした方が番組の人気向上に寄与するでしょう。

☆動画  AGT Best  of  the Best     10:36

               https://www.youtube.com/watch?v=vXWfdN9oD_w

 

通販で「送料無料」という言い方に、ちょびっと違和感

本日はどうでもよい話題です。TVで通販会社や他のメーカーも

商品のお得感をアピールするために、初めての方に限り「特別価格」で 販売するので

お得ですよ~~と顧客の興味をひき。その上「送料無料です」まで 付け加えていますよね。 へそ曲がりの「屁理屈屋ジジイ」の私はその「送料無料」という言い方 はおかしいと思って、ちょびっと違和感をもってしまうんですよ。 よほど大手のところで、配送はすべて自家車で対応できるところなら、総原価に 含まれますので「送料無料」と宣伝もできると思いますが、配送を物流業者に 委託している場合は間違いなく「送料」が発生して、請求に基づき発送元が 送料を負担しているのですよね。その送料を商品価格に上乗せしているはずです。 本当に小販売価格に送料を上乗せせず、配送元が負担しているのなら、 商品販売価格から送料分を値引きしいることになります。 と、まあ、そんなワケで、「送料無料」ではなく「送料当方負担」というべき じゃないかと「へそ曲がじじい」を思ってしまうのです。ハイ!

☆動画   全国「送料無料」の宣伝例  0:54

     https://www.youtube.com/watch?v=z4ZrqPAttZg

☆動画  熾烈!ネット通販送料ゼロ」の裏事情   3:12

     https://www.youtube.com/watch?v=_gRe_ogjdCA

立憲民主党が「ネクストキャビネット」を発表

何だか腰が定まらない立憲民主党泉健太代表が9月13日の

両院議員総会で「次の内閣名簿」を発表し、承認されました。

一般的には「シャドウキャビネット影の内閣)」と言われる

英国の保守党、労働党政権交代する頻度が高いので、その時

野党の立場にある政党がシャドウキャビネットを組閣して、与党に

対する政策を検討して「政権交代」した時の政策を準備し、

与党の担当大臣と議論したり有権者に野党の政策を訴えて

いるそうです。

 

野党第一党である以上「ネクストキャビネット」として、

各省庁の問題を指摘したり対案を政策として支持者や一般

有権者に知らしめることは政党としては「当たり前」のことなので

やっと発表できたことは、ひとまず評価すべきと思います。

 

とほめておきますが、発表された「組閣名簿」を、いかにも

「小粒内閣」だな~という印象を拭えません。

 

ここまで進んだなら、ぜひ「野党連合政権」の組閣名簿を

野党合意で作って下さい。その方がゼッタイ有権者

アピールしてこのメンバーなら1回やらせてみるかと思う

かもしれませんよ。

 

ネクストキャビネットの名簿です。(   )内は所管委員会

  総理大臣       泉健太

  内閣官房長官     長妻昭

  内閣府担当大臣(災害対策、消費者、科学技術、デジタル、行政監視)

             杉尾秀雄

  総務大臣 (地方創生、倫理選挙)野田国義

  法務大臣       牧山ひろえ

  外務・安全保障大臣(拉致問題ODA)  玄葉光一郎

  財務・金融大臣    階 猛

  文部科学大臣     菊田真紀子

  厚生労働大臣     早稲田ゆき

  農林水産大臣     金子恵美

  経済産業大臣     田嶋 要

  国土交通・復興大臣(沖縄北方・復興】小宮山泰子

  環境大臣       近藤昭一

☆動画  立憲民主党が「ネクストキャビネット」を発表 10:13

      http://www.youtube.com/watch?v=svtZgBMAq5Q

 

 

 

 

[原発維持」に暗躍する「原発ムラ住人」の執着の裏側を「古賀茂明」さんが暴露

私が、最近一番アタマにきて「怒り心頭」になっているニュースが、

ブログにも書きましたが、岸田首相が「原発新増設の検討指示」

したことです。もう国賊としかいいようがないと思っているほど

ですよ。

 

昨日、憲法九条の会・秦野の男性スタッフのOさんが、元経産省

官僚で現在政治・経済評論家として官僚機構の問題点等の問題提起を

している「古賀茂明」さんが「原発回帰の舞台裏」として、民間

のネット番組「デモクラシータイムス」の山田康史の「ここが聞きたい」

に出演し原発ムラ住民が原発維持のために暗躍している実状を

曝露してくれている47分の動画を紹介してくれ、私は

その動画を観て古賀さんの分析にいちいちナットクして

「目からウロコ」が落ちる思いでした。

 

私たちとしては「原発ゼロ」を政府に宣言させ「自然エネルギー

推進に注力」の声を挙げ続けることを諦めないことだと、改めて

思いました。その動画をUPしておきますので、なんとか時間を

作ってご覧になって下さい。

☆動画  原発回帰の舞台裏(古賀茂明さん)~山田厚史のここが聞きたい

    https://www.youtube.com/watch?v=CmWC1Zxhurc    47:02

釈然としない「大手メデイア経営幹部」の安倍元首相の「国葬」参列

昨日、大型台風14号の影響で悪天候の代々木公園での「国葬反対」の

民集会に13,000人(主催者発表)が参加して挙行されました。

最近行われた、どのメデイアの世論調査でも、国葬反対が賛成を大きく

上回っています。このことは新聞・TVの大手メデイアも報じていますよ。

 

 

その、大手新聞・TV各社は報道の中で、国葬の問題点として・・・

  *国葬に根拠となる法令が存在しないこと

  *国葬法の下の平等に反し、内心の自由を侵害する憲法違反の

   疑いがあること。

  *国民の税金の使い方を、国会審議を経ずに閣議だけで決定した

   プロセスは、民主主義の基盤を揺るがすものであること

などを指摘しています。

 

ところが大手メデイアにも参列意向伺いがなされていて。雑誌「選択9月号」

によれば「最終的に欠席する社はゼロ」、比較的リベラルと思われている

TBS,朝日新聞東京新聞も参列するうえ、ほとんどの大手メデイアが社長ら

の首脳が参列する意向だそうです。

 

メデイア経営幹部や、政治評論家、有名キャスターなどの篭絡のため、

元安倍首相に声をかけられるたびに,競って「ご馳走にありつき」

政府広報機関として働き、「政権の監視・提言」というジャーナリストと

して現場を押さえつけて来たメデイアの経営幹部や報道部長・編集長たち。

 

国葬参列」の意向を聞かれれば、従来の安倍元首相との関係から

ギリでも顔を出さなきゃいけないという気持ちになるだろうし、ある意味

個人の自由の問題ですから「欠席しろ」と市民側から強制するワケにも

いかないだろうとは思います。。

 

しかし、個人の判断の問題ですから、せめて1~2社位は「ジャーナリスト」

としての矜持から参加はできないと毅然として「欠席」を表明する社が

あってもいいのではと釈然としない気持ちでいっぱいです。

 

米国のメデイア幹部が聞いたら、びっくりして「腰をぬかす」

のじゃないでしょうか?昔,マッカーサーが「日本人は12歳の精神年齢

しかない子供。私が大人になれるよう教育する」と言ったそうですが、

結局教育されず精神年齢12歳のまま大人になってしまったようです。

☆動画    9.19「国葬」反対代々木公園集会   8:04

      https://www.youtube.com/watch?v=Y5khRiF3nFw